Copyright (C) 2012 HOLISTIC SPACE JAPAN. All Rights Reserved.
運営元:有限会社エスポワール

​温泉のご案内

ABOUT TAIJI HOT SPRING

いろんなお湯で癒されるスパ設備

 

地下500mよりくみ上げられる天然温泉(単純アルカリ泉)の塩味の強い源泉。
内湯には紀州備長炭の湯、寝湯&流水の湯、薬湯、露天風呂には源泉を希釈で調整した温泉などをご用意しております。温泉療法にも利用いただけます。

太地温泉(源泉・内湯)

内湯には贅沢にも源泉かけ流しをご用意。溢れんばかりの源泉を堪能してください。塩化物強塩温泉の作用により、神経痛、筋肉痛、五十肩、疲労回復、健康増進の効果が期待できます。

露天風呂(源泉希釈)

熊野灘を望むオーシャンビュースタイルの露天風呂。

源泉を2倍に希釈したお湯です。

屋根がないフルオープンの露天風呂ですので、

夜は満天の星空を眺めながら、

朝は太平洋から昇る朝陽を浴びながら

ゆっくりとご入浴いただけます。

紀州備長炭&薬草の湯(内湯)

内湯には、紀州備長炭のなめらかなお湯をご用意。

備長炭に含まれるミネラル成分が溶け出し、水を

まろやかにするので、お肌にを健やかにします。

また遠赤外線発生効果があり、血行促進させたり、

新陳代謝を高める効果も期待できるので、

身体の芯から温まります。

 

和歌山県新宮市で栽培された、不老不死の妙薬として秦の徐福が日本にもたらしたという伝説がある『天台烏薬(テンダイウヤク)』の薬湯やハーブ湯など日替わりでお楽しみいただけます。

  • 急性疾患(発熱されている場合を含む)、悪性腫瘍、重い心臓行、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、妊娠中(特に初期と後期)は入浴をお控えるか、医師にご相談ください。

  • お酒を飲んでの入浴や食前食後の入浴は心臓発作や消化不良を誘発しますので、避けるようにしてください。

  • 入浴前15分~30分前に水分補給を行うと、よりいっそう効果的に入浴をお愉しみいただけます。

  • 入浴時にはかけ湯で身体を慣れさせてください。足→腰→肩→胸と心臓から遠い箇所から順に進めてください。

  • 浴槽に入る際には、一気に肩まで浸かると心臓への負担が大きいので、まずは半身浴スタイルで徐々に肩まで浸かって下さい。

  • 一度に長時間浴槽に入るのではなく、休憩を挟みながら、短時間(3~5分)のサイクルにてお愉しみください。

  • 入浴後も温泉成分を楽しむためには上がり湯(シャワー)などをせずにお上がりください。

 

※尚、お肌の弱い方は、しっかりとシャワーにて温泉成分を落としてください。

​入浴方法